Event is FINISHED

【ウェブ配信】オンライン国際シンポジウム 『パラダイムチェンジにおけるレジリエントな共創社会に向けて』 Online International Symposium on “Toward Resilient Co-creative Society in the Paradigm Change”

Description

【概要 General Information】

COVID-19の世界的拡散の惨禍は、世界の日常生活、ビジネス、教育、研究へ大きな変化を引き起こしています。この潮流は単なる変化に留まらず、不可逆なパラダイムチェンジとなっています。我々は、その渦中にいて、国内外の産官学政界が共創して社会の基盤を再構築する時代を迎えることとなります。さらに、今回のようなパラダイムチェンジを惹起する大きな環境の変化が今後も我々に迫ってくることは容易に想像できます。そこで、本シンポジウムでは、『パラダイムチェンジにおけるレジリエントな共創社会に向けて』をテーマにして、未来社会において、健康で安心して生活を維持できるレジリエントな社会を構築するために必要な取り組みを考える機会を提供します。今、未来社会における課題、超高齢化社会における課題を見つめ直し、国際産学共創により医理工融合の先端科学を用いた新しい価値創造や新規ビジネスの創出を実現するためにすべきことを模索します。

The exponential global crisis of COVID-19 has generated unprecedented upheaval of our daily life, business, education, and research. This trend is not a trigger of simple change but is driving irreversible paradigm change. In the midst of the storm, we enter a new era of post COVID-19 when we re-build the social platform together with the domestic and foreign industry, government, politics and academia. Furthermore, we should expect another big wave of environmental change that force paradigm change in the future. The main theme of this online symposium is “Toward Resilient Co-creative Society in the Paradigm Change”. We offer the opportunity to consider our approaches to build resilient society to maintain healthy and safe life. We review the issues around the future society and the super-aging society and discuss our agenda to create new values and new businesses leveraging advanced medical-engineering science and technology generated from international industry-academia co-creation.

※事前登録制、無料 Free

イベント当日(16時過ぎを予定)にメールにて、Zoomご参加URL・パスワードを送信いたします。(Link and password to join the conference will be provided before the symposium by email.)

【開催日時】2020年5月12日(火)17:30-19:20
【Date】May,12,2020(Tue), pm5:30-19:20


【プログラム】
17:00 開場 Online Site Open

17:15 参加にあたっての留意事項 Announcement to Participants

17:20 LINK-J紹介 Introduction of LINK-J

17:23 シンポジウム趣旨説明 Purpose of the Symposium
・朝日透(早稲田大学理工学術院教授)
Toru Asahi (Professor, Faculty of Science and Engineering, Waseda University)

17:27 開会挨拶 Opening Address
     ・菱山豊(文部科学省科学技術・学術政策局局長)
     Yutaka Hishiyama (Director-General, Science and Technology Policy Bureau, Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology)

17:30 第一部 「コロナ禍によるパラダイムチェンジで未来の健康社会に向けて何が変わる」(使用言語:英語・同時通訳あり)  Session 1 “Impact of Paradigm Change after COVID-19 on the Future of Health Society”(*the session will be conducted in English with simultaneous translation into Japanese.)

・北野宏明(ソニーコンピュータサイエンス研究所社長/システム・バイオロジー研究機構会長/
沖縄科学技術大学院教授/山口大学AIシステム医学医療研究教育センター顧問)
 Hiroaki Kitano(CEO and Chairman of Sony Computer Science Laboratories, Inc. / Executive Director of Sony Corporation / President and CEO of the Systems Biology Institute (SBI) / Professor, Okinawa Institute of Science and Technology Graduate University / Advisor of AI Systems Medicine Research and Training Center, Yamaguchi University)

・Eran Segal(ワイツマン科学研究所教授)(Professor, The Weizmann Institute of Science)

・角南篤(政策研究大学院大学学長特別補佐・客員教授/早稲田大学ナノ・ライフ創新研究機構客員教授)
 Atsushi Sunami (Professor, National Graduate Institute for Policy Studies/ Professor, Waseda University)

モデレーター 大竹秀彦(Corundum Systems Biology Inc. 社長)
Moderator Hidehiko Otake (CEO, Corundum Systems Biology Inc.)

18:15 第二部「コロナ共存・ポストコロナ時代に向けた産学共創の融合研究と新規ビジネス」(使用言語:日本語・同時通訳あり) Session 2 “Industry-academia Joint Research and New Business with and towards Post COVID-19 Era”(*the session will be conducted in Japanese with simultaneous translation into English.)

・田邉剛(山口大学医学部公衆衛生学・予防医学講座教授・国際予防医学医療教育センターセンター長)
Tsuyoshi Tanabe (Professor, Graduate School of Medicine, Yamaguchi University / Director of International Center for Preventive Medicine and Medical Education)

・浅井義之(山口大学AIシステム医学医療研究教育センターセンター長)
Yoshiyuki Asai(Director of AI Systems Medicine Research and Training Center, Yamaguchi University)

・尾形哲也(早稲田大学理工学術院教授・AIロボット研究所所長/産業技術総合研究所人工知能
研究センター特定フェロー)
 Tetsuya Ogata (Director of Institute for AI and Robotics and Professor in Faculty of Science and Engineering, Waseda University / Joint-appointed Fellow of the Artificial Intelligence Research Center, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology)

・竹山春子(早稲田大学理工学術院教授・規範科学研究所所長)
 Haruko Takeyama(Professor, Faculty of Science and Engineering, Waseda University / Director for the Integrated Institute for Regulatory Science)

・鎌田富久(TomyK代表/ACCESS共同創業者)
 Tomy Kamada (CEO of TomyK Ltd./ Co-founder of ACCESS Co., Ltd.)

モデレーター 鶴谷武親(早稲田大学ビジネススクール客員教授)
 Moderator: Takechika Tsurutani (Visiting Professor, Waseda Business School)

19:05 閉会挨拶 Closing Address
・佐藤孝明(島津製作所シニアフェロー・ライフサイエンス研究所長/筑波大学プレシジョン・メディスン開発研究センターセンター長・特命教授)
Taka-Aki Sato (Senior Fellow and Director of the Life Science Research Center, Shimadzu Corporation / Director and Professor of the Research and Development Center for Precision Medicine, University of Tsukuba)

19:10 振返り・告知 Reflections and Announcement

19:20 閉場 Online Site Close


主催:一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)/早稲田大学グローバル科学知融合研究所
Main Co-organizers: Life Science Innovation Network Japan, Inc. (LINK-J) and Global Consolidated Research Institute for Science Wisdom, Waseda University

共催:WASEDA-EDGE人材育成プログラム/山口大学AIシステム医学医療研究教育センター/東京女子医科大学・早稲田大学連携先端生命医科学研究教育施設(TWIns)  
Co-organized by AI Systems Medicine Research and Training Center, Yamaguchi University / WASEDA-EDGE Program / Tokyo Women's Medical University -Waseda University Joint Institution for Advanced Biomedical Sciences (TWIns) / National Graduate Institute for Policy Studies

協力:Corundum Systems Biology Inc./東京大学COI「自分で守る健康社会拠点」/早稲田大学COIサテライト「スマートライフサポートイノベーション拠点/BEYOND 2020 NEXT FORUM
後援:アメリカ・カナダ大学連合日本研究センター/早稲田大学イノベーション教育プログラム大川アカデミー
With the support of Corundum Systems Biology Inc. / Center for Self-managing Healthy Society, University of Tokyo / Center for Smart Life Support Innovation, Waseda University/BEYOND 2020 NEXT FORUM / Inter-University Center for Japanese Language Studies/Ohkawa Academy in Waseda University

《実行委員会 Organizing Committee》
委員長:朝日透(早稲田大学理工学術院教授) Director: Dr. Toru Asahi (Professor, Faculty of Science and Engineering, Waseda University)

副委員長:山本寧(コランダム・イノベーションCEO)Deputy Director: Yasushi Yamamoto(CEO, Corundum Innovation)

委員:畠山祥、三石ミゲール、早川翔大、遠藤竜仁、溝上茉里子、平岡千香子、渋谷啓太
Committee Members:Akira Hatakeyama, Miguel Mitsuishi, Shota Hayakawa, Ryoji Endo, Mariko Mizogami, Chikako Hiraoka、Keita Shibuya

《オンライン参加の免責事項》
※必ずお読みください。お申込みを頂いた時点で、免責事項に同意したとみなします。
・ZOOMの使用方法・操作方法については、本イベントではサポートできません。
・ZOOMの使用は、パソコンの場合はカメラ、マイク機能がついたもの、スマートフォンの場合はGoogleplayやAppstoreなどから事前にアプリのインストールが必要です。(インストールや使用は無料ですが、別途インターネット回線が必要です。)
・ZOOMインストールなどを起因とするPCトラブルなどは保証しかねますので、自己責任のもとご使用ください。
・各種アプリは最新版にアップデートしてからご利用ください。
・配信URLを他の方に知らせたり、SNSなどで公開したりしないようお願いします。
・回線・機器の状況によっては通信が不安定になったり、それを原因とした映像等の不具合が発生したりする可能性がございます。
・予期せずネット環境が乱れる可能性がございます。予めご了承ください。
・本イベントの様子は、後日、YOUTUBEにより配信することを考えています。
・写真や映像で記録させて頂きます。写真記録はブログなどでイベントレポートとして掲載する場合があります。目的外使用は致しません。
・本イベントの録画・録音はご遠慮ください。後日、概要など報告する予定です。
・プライバシー保護の観点から、無断に画面をスクリーンショットや撮影等をすることはご遠慮ください。

《Notes》
*Please read carefully. By registering the event, you shall be deemed to have agreed to the following conditions.
・We do not provide instructions for the usage of ZOOM.
・Please kindly prepare necessary equipment for using ZOOM by yourself (either PC or smartphone with camera and microphone.) ZOOM app should be installed if you are planning to use your smartphone. *The app can be installed for free but you will need the internet connection.
・Please update all the related applications to the latest version beforehand.
・We do not guarantee the PC trouble caused by ZOOM installation etc. Please use it at your own risk.
・Please do not share the livestream link for the symposium with others or publish it on SNS.
・Depending on the conditions of the internet and devices, there may be some audio/video troubles. Please note that we will not refund in case for such incident.
・Please note that the internet environment may be disturbed unexpectedly.
・The symposium will be recorded in forms of picture/video. Pictures may be utilized for event reports. The records will not be utilized for any other purpose.
・Please refrain from recording this event.
・To protect participants’ privacy, please refrain from taking screenshots or taking pictures without permission.
・We do not plan to publish the recordings nor the chats after the symposium.
・We are expecting interactive discussion with participants via chats, however, please be aware that in case we find it as disturbing behavior, we may ask to leave the livestream and decline the participation for future events.

《イベントについてのお願い》
イベントの参加申し込みは先着順となりますので、お早目にお申込みいただきますよう、ご注意ください。
記録・広報などを目的として、イベントの様子を写真や動画で撮影する場合があります。あらかじめご了承ください。
内容等は変更になる場合がございますので、予めご了承ください。
登壇者やプログラムに関する情報については、変更や追加決定事項があり次第、随時更新をさせていただきます。(2020年4月30日更新)

《Remarks 》
・ The event participation is first-come first-served. Please kindly apply early if you are interested.
・ The contents may change without notice.
・ Information about the speakers and the program will be updated whenever there is change.
(Latest update: April 30th)

----------------------------------------------------


●お問い合わせ先 Contacts●
国際シンポジウム実行委員会 Organizing Committee
https://que-org.github.io/ Contact

----------------------------------------------------
《個人情報の取扱いに関して》

◎グローバル科学知融合研究所
グローバル科学知融合研究所は、ご提出頂きました個人情報につきましては、本シンポジウムの受付・運営業務・成果報告に限り使用致します。尚、ご本人の同意がある場合、または法令に基づく正当な理由がある場合を除き、上記目的以外での利用及び第三者への開示・提示は致しません。

◎LINK-J
●ご記入・ご提出いただいた個人情報は、LINK-Jが以下の範囲内で取得いたします。
●本イベントで撮影した写真は、LINK-Jおよび登壇者、関係者等がホームページ・パンフレット等に使用する場合がございます。
【個人情報保護に関する基本方針 Personal Information ProtectionPolicy】
http://www.link-j.org/privacy/
https://www.link-j.org/en/privacy/
【個人情報の利用目的Concerning Protectionof Personal Information】
http://www.link-j.org/use/
https://www.link-j.org/en/use/

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#578835 2020-05-12 04:26:17
More updates
Tue May 12, 2020
5:30 PM - 7:20 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加登録 (Application for participation) FULL
Organizer
その他ライフサイエンスイベント
3,200 Followers
Attendees
1246

[PR] Recommended information